ハンバーガーメニュー
閉じる

お知らせ・ニュース

2023/09/15 /NEWS RELEASE

マルトモ、神戸大学との共同研究結果を発表! 第75回日本生物工学会大会「Topics of 2023」に 研究内容が選出

かつお節・だしと、海洋資源を通じて健康と食文化の発展に貢献するマルトモ株式会社(社長:今井均本社:
愛媛県伊予市)は、「第75回日本生物工学会」にて、国立大学法人神戸大学大学院農学研究科竹中教授との
共同研究成果として、「Aspergillus sydowiiによる鰹節だしがらの発酵と可溶性画分の特性解析」を発表しました。


第75回日本生物工学会(2023年9月3日~5日:名古屋大学 東山キャンパス)は、学会発足101年目の
新たな世紀を刻む最初の大会として実に4年ぶり現地開催にて行われました。日本生物工学会は、発展著しいバイオ
テクノロジー分野において我が国を先導する中心的学会です。


本研究では、「めんつゆ」や「だし」の製造工程で発生する食品残渣「だしがら」をかつお節かびで発酵させ加水分解す
ることにより、だしがら発酵物の可溶性画分に呈味性の向上が確認できました。また、同画分には、フリーラジカル消去
活性、抗酸化活性、アンジオテンシン変換酵素阻害活性だけでなく、乳酸菌の増殖促進効果も見られました。この成果は

SDGsの観点から有用であり、今後の調味料開発への発展が期待できます。


なお、本研究は、産学連携および企業研究において実用化に向けた活発な研究が進行中で、かつ生物工学的観
点からも社会的・学問的に重要性が高い演題「Topics of 2023」に選抜されました。「Topics of 2023」は560件
の一般講演の中から、産学連携および企業研究において実用化に向けた活発な研究が進行中で、かつ生物工学的
観点からも社会的・学問的に重要性が高い演題として35件が選抜されたものです。


今後もマルトモは、最先端老舗企業として100年超の知見を研究分野にも活用し、研究結果発表を通じて社会に
貢献してまいります。

 

 

 

第75 回日本生物工学会大会「Topics of 2023 」のご案内 https://www.sbj.or.jp/2023/press_release/

 

詳しくはこちらをクリックしてください。

Loading...